今まで読んだ本の中で一番素晴らしいかも。ぜひ読んで欲しいです!

永遠の0



-------------------------------------------------
あらすじ
〜「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

著者説明
〜この小説のテーマは「約束」です。言葉も愛も、現代よりずっと重たかった時代の物語です。
-------------------------------------------------

もう、衝撃的な作品でした。人物もストーリーの展開も伏線も全部全部本当に素晴らしい。
夜に読んだら、必ず戦争の夢を見てしまうほど本の世界に引きこまれた。

最後、真実を知ったときの苦しさは、大失恋したときと同じ苦しさやった(;;)
久々にあの苦しみを感じて、うわーーってなったな。。

読み終わった後は、しばらく涙止まらず放心状態で何も手付かずになった。
そして、今自分はこんな生き方をしていて良いんだろうかって考えさせられる。
答えは見つかりそうもないけど、「真面目に、自分にできることを精一杯する」かな・・。

amazonのレビューで、「40代後半の私ですが、人生観が変わりそうなほどの衝撃を受けました。 」ってあるのもうなずける内容。

今まで、日本について知らな過ぎたから
戦争のこと、昔の日本について、もっと知りたい。

とりあえず、図書館で本をいっぱい予約してみた。
いつか鹿児島の平和会館とかにも行ってみたいな。読んだり見たりするだけじゃ感じ取られへんこともわかるかも。

日本のために命を落とした人たち(16歳の特攻隊員とかもいる)が託した日本の未来・・情けなくなるような出来事も多すぎるのもまた悲しい。

本読み終えた人には、ぜひこの動画を。びっくりしてまた泣いた。

映画も凄く良いらしいので、見に行くつもりです!