Less is more

先週読み終えた本、LESS IS MORE / 本田直之



めっちゃ付箋つけまくり!


「使えるお金も多くモノも豊富にあって豊かなはずの日本人がなぜ幸せを感じられないのか?」という問いから始まります。幸福度が高い国とどう違うのか?ということも比較しつつの説明なので興味津々!

最初の方は「うんうん!わかる!」って読むけど、途中めっちゃ凹んだりしながら、最後には良い締め方で終わって読んでスッキリ!笑

ざっとまとめます!

・幸せの価値観の変化

幸せの価値観は変わり始めている。一生懸命に働いてお金を稼ぎ、モノをたくさん買う=幸せ、ではない。それは古い価値観。モノやお金に振り回されるのではなく、精神的・体験的なものに重きを置く。見た目は質素でもその方が実は豊かなのだ。広告やCMに影響されてライフスタイルをつくるのではなく本当に自分にとって大切なもの、幸せはなんだろうと考え、自ら選ぶこと。 それが、幸せな人生を送れるかどうか決定的な差。


・物質的な欲求について

モノから得られる幸福は続かない。 「凄い車を買った」としても、買ったときの一瞬ものすごく満足度はありますが ずっと継続するわけではありません。そのあと毎日、それがあるからハッピーだと感じられることは そうそうないでしょう。

ひととおりモノが揃うと物質的に豊かでも精神的に満たされない。一見豊かな暮らしに見えるけど将来に不安も感じてアンハッピー。 「物質的に質素、でも精神的に豊か」が新しいシンプルというべき幸せの形。 いい家に住んでいい車をもってるから豊かに見える、という過去の価値観には何も意味がないことにきづいて あえて新しいシンプルを選択していくのです。

現代の日本には瞬間の欲求を満たす選択肢があまりにもたくさんありすぎる。 そのため、将来のことを考えた長期的な判断をするのが難しくなっている。 たとえばちょっと店にでも入った日には、物欲のない人でもいろいろと買いたくなってしまう。 ブランドものに興味がなくても雑誌を見ていたら急に欲しくなる。 モノをはじめとする短期的な利益の選択肢が少なければそのぶん体験や経験に 力を注げます。結果的に新しい幸せに近づける


・仕事と自由について

(仕事の時間を減らして)プライベートの時間をとれるというのは、「自由」を 与えられるということ。そして自由を与えられるということは、自己管理をしなければ ならなくなったということ。自分をマネジメントする能力すらないのに幸せだけを得ようと いうのは都合のいい話です。幸せに対する価値観を変えるには、自分のライフスタイルを きっちり持つこと。 労働時間は短くなってもより多くの成果を上げて、仕事もプライベートも満たされる。 すべてがリンクしなければ本質的な幸せにはつながりません。北欧の人たちはそれを上手にやっている。

理想のライフスタイルは自由時間と仕事のバランスがとれていること。 楽しいから、愛しているから、仕事に行く。それと同時にプライベートもきちんとできている。 逆に考えれば、力のある人やセルフマネジメントができる人にとってみると 昔より幸福度があげやすい世の中になっている。

働くうえで大切なことは、自分の仕事にやりがいを感じ、プロフェッショナルとして成長すること。だとすれば、昇進を目指さないというのも 選択の一つだと思うのです。(昇進=制約が増える、やりたいことから離れてしまう、自由がなくなる)。会社でのポジションでなく、自由なこと、成果や成長を得られることを求めましょう。 ただ、昇進もしない、スキルも身につけないというのでは、会社から離れた時に生き残れなくなる。仕事はきちんとやってスキルも身につけたうえでの話し。

これまでは、転職のときに年収を条件に考えていたけど、今は将来的に成長につながるとか 自分の成長にプラスになるとかスキルアップできる仕事を選ぶ時代。なぜなら、後に残るものが 絶対あるからです。給料は経済環境に大きく影響を受ける。でもスキルやブランドは自分自身の 身につくので減ったりしない。

人生で多くの時間をしめる仕事がストレスフルであると幸福度にすごく影響する。 「仕事って楽しいよね」とチームで達成感を感じることでもいいし仮に給料が安くても 自分の成長が見出せるならそれでいい。仕事を通じて成長していくことで新たなチャレンジやもっと面白いことができる可能性も。

なんだか疲れたから、上司が嫌だから、一生懸命働くのが嫌だから時間がほしいからとか、「仕事にも競争にも疲れたので年収が安くなってもいいから細々と店をやります」といったこれは嫌だったのでこっちへ行った という仕方ナシのの選択では逃げ腰の発送では幸せになれない。「こっちのほうがハッピーだし楽しい」「こっちのほうがわくわくする」ということポジティブな選び方をする。 ポジティブな選択としていろいろなものを削っていく。


・自由に生きるための「幸せの条件10か条」

1仕事を楽しんでいる
2いい仲間、いい家族がいる
3経済的に安定している
4精神的・肉体的に健康である
5刺激のある趣味やライフスタイルを持っている
6時間を自分でコントロールできると感じている
7住む場所をしっかり選んでいる
8いい考え方のクセをもっている
9将来の見通しがたっている
10ゴールに向かっている感覚を持つ


・ライフスタイルについて

家は、ただの「モノ」ではなく「ライフスタイルを充実させるプラットフォーム」なのです。

シンプルに生きる、ダウンシフトする、ということは節約とか我慢でなく 無駄なものを省く、減らしていく方向に進んでいくこと。

みなさんもぜひ変化を楽しんでください。引越しが難しければ通勤の道順を変えたり 普段入らない店に入ったり、普段付き合わないような人と会ったり、普段食べないものを食べたり。

自分の道が決まっていない人は常にアンハッピーです。 そもそも何が自分の中でハッピーなのかがわかっていないのだから当たり前のこと。 満足感はなく「もっともっと」ということになってしまうのです。

好きなことが仕事になるには、個人としてのパワーやビジネススキルを身につけることが大前提。

いままで移動することは旅行や出張のようなある種イベント的なものでした。 それをもっと本質的なライフスタイルの中に取り入れてみる。たとえば週1でも違う場所で働いたり 生活をしてみる。きっと今までにない刺激や新たな考え方に触れられるはず。




以下は幸福度の高い国について

幸福度が高い国は、物質的なものよりも精神的なもの(旅や体験)に幸福感を感じている。北欧では「旅が人生の大きなテーマになっている」のが印象的。 それも日本人のように「どこかに買い物に行きます」という旅ではなく 「違う街に行って生活する」とか「海でスポーツする」とか「自然と触れ合う」とか。

北欧では金銭的に余裕のある暮らすの人も質素な生活を選んでいる。 それは我慢でなく自ら選んでいる。

お金のために何かをやることはないという姿勢、目の前のものは追わず自分にプラスになること、面白いと思えることを追うというスタンス仕事から体験的精神的な満足を得ている(チャレンジ、達成感を求める人が大多数)

給料が高くなっても最初の3ヶ月は喜ぶかもしれないけど、結局はもっとほしくなってしまう。

ものを買うことが仕事の苦しみのトレードオフではない。結局、お金には何の価値も見出せない。 一生懸命働くことは大切だけど、やりたい仕事ができて幸せ

北欧の人へインタビュー→旅は自分の世界が広がるし同じところにいるとどうしても煮詰まってしまう。それが「開ける」感覚が大切。旅をしていて思うのが観光スポットに行くのでなくてそこに住んでいるような感覚でいたいということ。そうすると自分の文化も改めて 別の視点で見ることができるから。

海外も日本と同じような流れを経て幸福度の高い国に変化していったのだ。



・さいごに

幸せはポジティブな選択の向こう側にある。新しい楽しみや人生の面白みを得るためにあえて選ぶ。 そして自分自身がやるべきことや持つべきものを減らしていくこと。それがしあわせへの一番の近道です


自分にとっての幸せについて、価値観やライフスタイルなど見直したいなと思いました!





料理教室

今年はやろうやろうと思ってたことをどんどんやっていきたい!

ってことで料理教室に行ってきました。
レシピ本買ったりしても、結局いつもの献立になってしまうからなかなかレパートリー増えへんねんな・・。

大阪ガスのクッキングスクール

料理教室は色々あるけど、ここは安いし押し売りもなくて良いってのをネットで見て決めました。(実際にそうやった!)

私が行ったのは和カフェレッスン。工程は撮影禁止なのでできあがり↓


お味噌汁に入れる具材は、別で焼いてから入れたほうが味が逃げへんとか、春巻きは面倒くさそうに見えて意外と簡単やったし、お味噌汁ににぼし入れたら美味しかったし、鶏肉をにぼしの出汁で茹でたら味付けせんでも美味しかったり。

一人やったら絶対やらんかったやろうし、ほんま行ってよかった〜♫またちょくちょく行きたいな。

ちなみに、トライアルレッスンは常に予約いっぱいやけど、キャンセルが結構多いっぽいので予約待ちで行けます^^

 
左:貰ったレシピ。可愛らしい^^
右:デザートのサンドケーキ


トライアルレッスンはこれ。↓ 全部美味しそう!




初めての友達を連れてきたらトライアルは何回でも受けることができるそうです。

ぜひーー♡♫



家で食べるSOUP STOCK TOKYO

2月末まで送料が安いから、買ってみました!
家で食べるSoup stock tokyo

どれにするか選ぶとき、商品説明に気合が入ってる商品を選びました。。。笑(商品によってはほんと簡単な説明しかないものもあるー!)

-------------------------------------------------
・緑の野菜と岩塩のスープ
・とうもろこしとさつま芋のスープ
・田舎風ビーフスープ
・花咲蟹の淡雪スープ
・国産丸鶏のスープストック
・オマール海老のビスク
-------------------------------------------------

箱が、まず可愛い♡♡


ワーイ、テンションあがるっ!!


一人分で500円くらいするので、一人ではもったいないのでココットに入れて二人で飲んでます。


家でも、soup stockが味わえて幸せっ!
ご飯での楽しみが増えるから、おすすめです♫



会社での研修

先週、会社で受けた研修が凄くためになったのでメモしたことを載せます!
具体的なことは書けないので、キーワードになっちゃいますが。。

■良い条件で交渉するには
トライ&エラー、失敗は経験値
・SPEEDをもつ
・おどろきを与える
・武器をもつ(メディア)→この人はすごいと思わせる
・場数は重要
・曖昧にしない。ゴールを決める。
・ストーリーを事前に考えておく
・強気になるには→依存しない、代替案をもっておく、選択肢を複数もつ

■わかりやすく伝える力には
・文章に書くと客観的に見れるので訓練がしやすい
・こんな問題があるというのをそのフレームワークに書くと解決策がわかる
・自分が正しいと思っていることは実際にフレームワークやロジカルに分割すると根拠がない
・感情を消すことも。
自分の限界は、自分の思っている2歩先にある。もう二歩頑張る  それを繰り返し繰り返しやる
・苦手意識をなくす

■人に伝わるプレゼン力
・上手い人のやり方をとりあえず真似る。そこから応用していく
・誰のノウハウを参考にせずに自分の知識だけでやる事はやめたほうがいい
・ぶっつけ本番はだめ
・相手がどんな人達なのかを把握しておいて、相手にあわせたプレゼンをおこなう(リサーチが必要)
・緩急付ける(たまに早口、たまにゆっくり)
・自信の無さ、言い訳を見せてはいけない。堂々としないとマイナスな印象に
・楽しそうにする(自らも楽しんでやるとさらに良い)
・感情を出して、相手をひきつける
・自信をもつと、ミスがへり、声もハキハキして相手に伝わり説得力も高まる
(自信がないと、そもそもきいてもらえなくなる、自信のない人の話を聴くひまはない、とか思われてしまう)
・仲間内でもいいから、場数を踏む(仲間内だと、失敗しても大丈夫だし。)

■アグレッシブに行動するモチベーションの保ち方
・どういう新しい要素が加われば多くの人がハッピーな人生を送れるのか?を考える(一人だと限界があるから、みんなをハッピーの渦に巻き込む)
・自分に足りてないところを見つける
・恵まれている日本の環境を利用しない手はない(海外に行ったら気づく)
・無職になったら、乞食との差は関係ない。ステージや立場は同じ。相手の立場や何かでは見ない、人対人。
・人と比較しない。
・興味を持った人を見つけてアプローチをする(自分が知らない世界を知りたい)
自分が持ってない世界の人たちに興味を持つことで、自分の世界も広がる
・急成長してる場所には、モチベーション高い人たちが集まってるはず。知りたい。
・過去の経験にとらわれない。(予防線をはってしまう。視野が狭くなってしまうことも。)
・人間は失敗する生き物なんだということを忘れない。→1つの失敗にとらわれなくなる。
・目標は、イメージで具体化する

他にも、クリエイティブの話では「もらってきたパンフレットを  はしから、文字まで何ミリあるとかはかって やれば、それっぽいデザインが作れる」→基礎作り。などなど!!

いっぱい吸収してグッと疲れた。。。でも凄くためになりました。


週末にたくさんの刺激。

疲れ気味だった最近、結構前に入れてた予定に無理にでも出向いてそこで元気いっぱいもらったーー。(本当は外出ずにダラダラしたかったけど、無理にでも出てほんとよかった。家にいても何も解決しないね。。)


ということで、最近の日記です!


❤はあちゅうさんとお茶会



最近気になっている人、村上もえさんと、はあちゅうさん。今、お2人が主催のサロンに参加していて、この前オフ会があったので参加してみました。(その日ははあちゅうさんのみ。)

オフ会なんて普段全く参加しないのでドキドキしたけど、凄く楽しかったし良い刺激をもらえた♪♪ はあちゅうさんお肌つやつや・・・!同じ席になったのが、大学生2人と社会人でみんな自己啓発が好きで、この先のことで悩んでいたり(そのために講演会行ったり、開催したり、模索したり、、)初めて会うのに共感できる考え方で会話がポンポンはずんでこんなことあるんだーって。

大学生の子は、これから就職だから「まだ働くことが想像つかない!」と言ってたり海外で働きたい、などなど。新鮮!☆

なるほど、と思ったことメモ。(隣の席の子が言ってたこと。)
・Twitterのフォローを絞って情報感度を上げる(別アカ作るもよし)
・プライベートでもはあちゅうさんがパワフルに動き回れるのは、「楽しんでる」から。
・チャンスをつかめたのは、スピードと即決力があったから。

またお茶しにいきましょ〜!ってお友達になれて嬉しいっ^^

ちょうどこの日と翌日に、安藤美冬さんやはあちゅうさんの講演があって、そのレポートがとてもためになったので、Twitterやブログからちょっと引用させてもらいます。


■安藤美冬さんのトークショー

・社会学者のある人の話では「映画見たり、芸術鑑賞すること」は「文化資本」と呼ぶらしく、結構そういう何気ないことが、フリーランスには重要なことらしい。

・満たされたぬるま湯は気持ちがよいかもしれないけど、自分の可能性を狭めてる

・同じ場所に安住しすぎると自分の思考の枠から出られなかったりする。 意外な自分を見つけるためにも今いる場所から一歩踏み出す。 「人との出会いが自分をつくる」

・こうやって働きたいってことを反対されても言い続けた。体の中のセンサーを大切に。人から「無理だ」と言われても、自分が「イケる」と思ったらいったほうがいい。逆に「今やったほうがいい」って周りに言われても、センサーが反応しないときはやめたほうがいい。

・モヤモヤを因数分解する。お金がないからできないの?なら、いくらあればできる?
経験がないからできないの?なら、どんな経験があればできる?例えば、その道の達人に習う、とか。

・一番いい就職は「この人みたいになりたいと思える人についていけること」

・私の仕事、完成は永遠にしません。やりつくしてダメだったら、キーワードを変えてもOK。まずは「頼まれる人になる」。周りの人から頼まれたことを一つ一つやること。

・先に相手を褒める。認める。すると、いつのまにか自分の周りにすてきな人が集まる。

・人との出会いが、自分を作る

・目の前の人を大切にするなど、たまたま出会ったという偶然を大切にして、味方にする。ビジョンや目標を持つと同時に、目の前の偶然を大切にする。それが自分に繋がる。

・(Twitterのつぶやきについて)ネガティブなことを言っても仕方ない。誰もいい気がしない。 人間味を出すのは大切だけど。立場がある。弱さはいいけど、誰かにホコ先を向けて攻撃するのは違う。自己反省するし、落ち込む。でも、いつも落ち込んでいたら読んでくれる人に失礼。

・何がやりたいのかわからないことが、やりたいことがないのがコンプレックスだった。
でも、それが強みになった。


以下ははあちゅうさん。

・仕事でつかれたり、しんどかったりしても、それを外に出してしまうと誰もそんなリーダーにはついていかなくなる。しんどくても、それを表に出さない。

・何かをやるときに「思い切って」って思わない。  失敗も気にしない。自分の人生だから。

・好きなこと=続けられる=ものになる=強み

・プロフィールにたとえば「ヨガインストラクター」とか「心理カウンセラー」とか書いている人がいるとする。別に悪いわけではないけど、もっと具体的なキーワードにしたほうがいい。



----------------------------------------------------------
あと、最近思ったこと。

■その1
凄いなって思う人はみんな、芯の強さや曲げない信念をもってて、物事を進めるスピードがとにかく速いし行動力がある。普通の人が「やろうかな〜どうしよかな〜」って悩んでるときにはもう行動してる!ぐらいの勢いで・・・。

私はスピードが欲しいな。情報発信するスピードが速ければフレッシュなネタをフレッシュな状態(言葉)で届けることができるし、相手に驚きを与えることができるし・・。


■その2
この前紹介した蜷川みかの本で「お酒を飲んでその場をやり過ごしても何の根本的な解決にもならない」ってことに賛同したけど、やっぱり違うなぁ〜と思った。

心のコリをほぐすのに、お酒はとても良い手段で、硬くなりすぎた心や頭をふわっとゆるめてくれて「またがんばろっかな」って思えたり。飲みすぎはよくないけどね!


■その3
これは、立ち読みした本に書いてあったこと。
・自分の人生は自分でつくるもの
・楽しいことやワクワクを増やしてもっと人生を楽しむ!
・仕事が大変だと悩んだら、まず効率化できることがないか考える。


以上!!
堅苦しく考えすぎないことも大事なので、そのあたり上手いことバランスとっていきたいですね^^




読んだ本4冊



成功することを決めた / 遠山 正道

まだスープストック行ったことがない人は、まず読む前に行ってみてほしいです★
(読んでみたら背景を知ってるので特別に感じるけど、先入観がない状況でもぜひ。本を読む深みも増すと思います!)

仕事はこうあるべきだな〜と思ったり。

立ち上げ前の当時の企画書がそのまま掲載されてるのですが、今もブレてなくてびっくり。企画書の内容も、具体的なお店の姿を想像できる内容になってて、ワクワクしました。成功してる会社の当時の企画書なんて目にする機会はあまりないしね。

スープストックは今成功し続けてるけど、たくさんの困難を乗り越えていて、その困難をどうやって乗り越えたのかも具体的に書かれていました。本社と支店の関係とか、会社の方針や数字のこととか。っていっても数字嫌な私でも、数字を出す意味に対して「なるほど・・」と納得させられた!

最初の頃は、基準は必要ないと考えてたそうやけど、やっぱり大きいことを続けていくには重要になってくるとかも納得。

みんなが気持ちよく働くためには、スタッフに事実だけを伝えるのでなく"思い" や "意味" や "意志" を知ること(伝えること)が凄く大事だよね。

頭の固い経営者論でなく、遠山さん自身の考え方で会社を経営されていて、とにかく愛がいっぱいつまってました!





ペンギン・ハイウェイ

大好きな森見登美彦。

最初の1ページから、ファンにはたまらない語り口。
評判もかなり良くてめちゃおすすめです!

森見登美彦ほんま天才、、、。世界観の作り込みがもう完全すぎて。

読んでる最中は完全に物語の世界へトリップします。
最後、泣いた〜!恋って素敵(;;)

夜は短し歩けよ乙女とか、四畳半神話大系もおすすめです。
小説は読まないよ〜って人にもぜひ読んでいただきたい!


願いをかなえる手帳術 / さとうめぐみ

サクサク読めるし、実用的なことがいっぱい書かれてました^^ 手帳持ってる人にはぜひみてもらいたい!

↓書き方見本も。


図解付きでわかりやすい。


内容は、「手帳を使って、幸せな時間を作る方法」「時間を作る方法」「手帳で毎日をもっと楽しくする方法」「夢をかなえる方法」などなど。


すぐやる人に変わる方法 / 佐々木 正悟



心当たりのあるポイントが多すぎて付箋だらけに・・・笑


科学的な根拠に基づく内容なので、説得力高い!
ポイントをまとめてみました。

・ゴールが華やかで大きいものであればあるほど地道な作業の量も増える。
・夢を紙に書いただけで満足していては何もしていないとの同じ。
・ものがまわりにあふれかえって選択しにくくなる。ものをヘらス。
・結果にこだわりすぎると次の一歩が出なくなる恐れがある
・意思の力が強すぎると行動を制限してしまうことがある→脳が警報を鳴らしてしまう
・多くの夢を実現するのは実際難しいから、まずは選択肢を減らして動きやすくする
・同じ作業をするのであれば少しでも楽しいと思ってやるほうが得

ちょっとでも、「これはいいかも」ってひっかかる部分がある人はぜひ^^
イラスト付きなので読んでて楽しかったです。

あとがきの優しさにも、じんわりしました。


Vintage Confections

この飴ちゃんshop、めちゃ可愛い!!画像送ってオーダーメイドもできるみたい。

・Vintage Confections
http://www.etsy.com/shop/VintageConfections













↓この商品名、ホットココアwithミニマシュマロやって♡♡キュートすぎる♡






























via:惑星あめで宇宙を感じる | roomie
http://www.roomie.jp/2012/09/22067/

Q&Aダイアリー

Q&A Diary」買ってみました。
本屋さん数件回ったけど、ドデカい本屋さんにしか置いてなかった。。



1日1個の質問に答える日記で、5年分書き込めるようになってます。
5年日記はなかなか続けるの難しそうやけど、これなら続けられそう!




質問は例えば、
「最近したなかでいちばんクリエイティブなことは?」
「愛ゆえにクレイジーだったことは?」
「今、どんな色の服を着ていますか?」
「秘めたる情熱は何ですか?」
「傷ついた心を癒す方法をかいてみてください」
「いちばん最近行ったコンサートやライブは?」などなど。

毎年の微妙な心の変化を知れるのって面白そう。
小さめのサイズなので、持ち運びも便利やしおすすめです♡

大切な人へのプレゼントにも良いな(´꒳`)★



手帳作り。

新しい手帳がめちゃ楽しいです!

写真貼ってたら、ブログとの境目がなくなってきたけど・・笑
食べたもの、買ったもの、服、思い出、など色々残してます。

一週間の見開き↓


服は、ネット上のスタイリング写真も載せて今後の参考に。


printsgram使って、instagramの写真をプリントアウト。(プリントアウトはセブイレで)


ネットで見つけた素敵な料理写真をズラッと並べたら、料理するのが楽しみになります




↓こんな風に食日記つけても良いな〜♪




ちなみに、printsgramで公開されてるデータを見ることできます。(全体公開は、オフに設定可能。)手帳アイデアの参考になりそうなデータ↓

・POPな写真、手帳が自分カラーに染まったら嬉しいよね
http://printsgram.com/show.php?id=23089

・切手の写真、コレクションを貼ってくの良いね!
http://printsgram.com/show.php?id=22927

・子供の写真、幸せあふれてるな〜
http://printsgram.com/show.php?id=22836

・猫の写真で手帳うめつくしたらhappyになれそう!
http://printsgram.com/show.php?id=22831

・毎日の空の写真を並べてもいいね・・
http://printsgram.com/show.php?id=22731




今年のふりかえりのぼやき。

とにかくよく行動した1年やったなぁ・・・。おかげで無駄なものの見極めができた。

「毎日を大切に暮らす」っていうことを昔から目標にしてたけど、それがより具体的に"どんな暮らし方がいいのか" "毎日を大事にする時間の使い方" がわかるようになってきたかな。。。まだまだではあるけど。。(いっつもline popやってるし・・・笑)


 2012年は「今年は実りの1年にしたい」でした。うん、いっぱい実った!自分が行動したからこそ叶えられたことが山ほどあった1年でした。(濱田マサルが、大地を肥やしたいって言っててそれも素敵やな〜って思った。)


■今年心がけたこと、ざっと。(ここから下は自分のメモ書きも多いですが)

・憧れの人に自分をかさねあわせて足りない部分を知る
・いやーーなことはスルーする
・外に出て行動する
・頑張ってる人をみて奮い立つ
・思いついたことややりたいことを紙に書き出す
・欲しいものがあるとき、強く強く願う
・できることは全部行動して失敗も知る
・自分が心地よいとき、笑顔になれるとき、その原因を考えて知る
・思考は実現化するってこともない。笑
ロンダ・バーンのザ・シークレット(引き寄せの法則)は、凄く良い本だと思うけど私にはききませんでした。主に恋愛の面で^^;「恋人がいると思考して生活する」とかはむなしくなるだけやったし自分を殺してる感じがした^^;笑 食器を2人分揃えておく、とか"準備をしておく"ということはいざとなったときにとても良いけど。うん、準備万全にするってだけで良いと思う!そして自分らしく楽しく心地よく毎日を過ごしていたら、"幸せ"が自分を見つけてくれるはず。これはほんとよく思う!



あと、日々に楽しみを作ることってほんといいなーー。

料理でも良いし、特別な日はネットでオーダーした食材を使ったり、ちょっと高い調味料を買っていつもの料理を特別なものにしたり。音楽は空間が素敵になるものを流したり。ちょっと高い商品を買うときは、買った後の手にした自分をたくさん妄想することで、より大切にできるし手にしたときの喜びも倍増。

自分プロジェクトを進めたり(手帳、キャンドル、インテリア、など色々)、ちょっと疲れた日は、スタバのコーヒーを自分にご褒美したり本屋に寄り道したり。もの(や事柄)を作りあげていくプロジェクトを自分の中で作ったら、目標に向かって進む日々になって、成長を実感できるからハリのある日々になる。

来年はどんな一年にしようかな・・・。最近はずっと来年の目標とか、手帳に書くこととかを考えてる毎日です。

とりあえず、昨日は温泉&岩盤浴にいってもう1年分の汚れをスッキリ洗い流すつもりで2時間半みっちり汗かいてきました!