京都Awomb

ずっと行ってみたかった、京都の手織り寿司「Awomb」へ行きました。

 

とその前に一時間ほど京都散策。

IMG_7035.JPG

和菓子「まるん」

IMG_6952.JPG

 

夏らしいこの3つを。

LHEQ0603.jpg

 

通りがかった道に可愛いお店があると思ったら、クリームソーダ専門店だとか。いつか入ってみたい。

IMG_6948.JPG

 

ドライフラワーのお店「プルミエエタージュ」に入りたかったけど閉まってた・・。

IMG_6949.JPG

 

こちらも通りがかり「SOUGENカフェ」アンティークも販売しているカフェ。

IMG_6951.JPG

 

入り口のこの時点で惹かれます。(食事前だったから入らず)

IMG_6950.JPG

 

手製ノート専門店なんかも。

IMG_6957.JPG

 

錦市場商店街。

IMG_7038.JPG

 

その場で食べれる海鮮!カキ、ウニ、魚、など。(画像さかさま・・)

IMG_6953.JPG

 

IMG_7039.JPG

 

白子を。プリプリで甘いし、紅葉おろしもゆずの香りが強くてすっごく美味しかった!

IMG_6955.JPG

 

そしてやっとAwomb。予約で満席でした。

FSTC6615.jpg

 

せっかくなのでお酒を〜♪(別の席でしそジュース頼んでる人がいてて、濃いピンクのグラデーションがめちゃ可愛かった。)

EGNT2338.jpg

 

旦那は京都ビールを。

IMG_7043.JPG

 

きたー!

IMG_6971.JPG

 

IMG_7047.JPG

 

TGGM8590.jpg

 

調味料は、ナッツ、ガーリック、岩塩、クリームチーズ、ワサビ、カラシ、黒ごま、クランベリー、一味、白ごま。これらとお刺身の相性良いのが意外でした。

UGIZ6659.jpg

 

長〜い説明を聞き終えて、ようやく実食。

IMG_6980.JPG

 

まぜこぜ。どれを組み合わせても美味しい〜♡

IMG_6983.JPG

 

美味しくて繊細なお料理に、うっとりでした。組み合わせ考えるのが楽しくて、さすがに食べるのに時間かかった。

旦那は物足りなかったらしくブーブー言ってたから、女性だけでいくほうがいいかも笑(店内も全員女性やった)

 

メニュには並・上・特上、とあって今回は上頼んだけど次は並でも充分かな〜。また行きたい!

 

 

Sweet Sweet Summer

ずっと気になってた、写真集「summertime / Joanne Dugan」を買いました。

IMG_7090 (1).jpg

 

タイトルのとおり、夏の風景の写真集。

海外出版で送料高いから「いつか安くなったら買おう!」と思ってて今数百円とかなので買いました。(表紙汚かったけど、、)

 

夏の楽しみに思いを馳せて眺めてます♡ビーチでのんびりしたいな・・・。

amazonで「ドリーミーコレクション」って紹介されてて、それもまた素敵。

 

IMG_7103.JPG

 

IMG_7094.JPG

 

IMG_7102.JPG

 

IMG_7099.JPG

 

IMG_7100.JPG

 

IMG_7101.JPG

 

IMG_7098.JPG

 

IMG_7097.JPG

 

IMG_7093.JPG

 

IMG_7092.JPG

 

IMG_7091.JPG

 

 

Gray Malin / BEACHES

海外のSummer Photo写真集を探してたら見つけた、Gray Malinという写真家が素敵すぎて!

 

ビーチを上からとらえた写真の数々。

 

 

the-reef-bora-bora.jpg

 

barcelona-nude-beach.jpg

 

Bondi-Beach-Horizontal.jpg

 

Coogee_Wave_4.jpg

 

e91d1bfdba65ae7722292b9f45156ee8.jpg

 

header.jpg

 

Shelly_Beach.jpg

 

写真集、BEACHESは定価40ドルやけど、日本amazonで3000円台で買えるので買いました。(届くの待ち♡)

きっと新しい世界を見せてくれて、自分の心の栄養となってくれるだろう!

844a9382.jpg

 

 

 

 

 

 

公式サイトはこちら

インスタグラムはこちら

 

 

ツバキ文具店

読み終えた本。「ツバキ文具店/小川 糸

 

 

表向きは文具店だけど、手紙の代書屋も兼ねているお店の店主、鳩子のお話。

 

代書の手紙が素晴らしいこと・・・

世の中にはこんな手紙が存在するのか。こんな伝え方があるのか。と社会勉強にもなる笑

 

お悔やみ状、離婚報告、絶縁状、亡くなった人からのラブレター、など伝え方が難しいお手紙を誰も傷つけることなく、かつ良き思い出を込めて作り上げる。

(特に離婚の報告は、別れた夫婦を応援したくなる内容で、世の中の離婚する夫婦はみんな送ったらいいんじゃないかと思った。)

 

本の言葉ひとつひとつが丁寧で、表現にもうっとり。主人公の丁寧な仕事ぶりに、なぜだか自分の中に秘めている乙女心が湧き出そうになる。

これは速読せずにじっくり味わい噛み締めながら読み進めていきたい本です。

 

最後のほうで出てくる"真実の手紙"からあふれでていた人間味にはめちゃ泣きました。

 

架空の世界なのにあまりに現実味が凄くて、小川糸がどういう人生を送ってきたのか何度も気になった。いやーー小説家ってすごいわ!

 

「叶うなら、私も愛するひとからもらって手紙で埋もれるようにして天国へと旅立ちたい」という一文ステキだったな・・♡(私は別に手紙もらいたいわけじゃないけどw)