ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

(図書館で借りたけど、今後の人生でもずっと役立てていける内容なので買う!)

 

料理教室を通して生徒たちが成長していく内容です。生徒さんが何かと問題を抱えていてそれが解決されていくので、自分も料理する気力がないときに読んだら、料理の本来の目的を忘れちゃってたなって思えて元気づけられる。

美味しそうな料理ができあがって、めちゃ喜んでる生徒さんたちの様子も可愛らしくてこちらまで嬉しくなってくる。

 

読んでいたら自分が料理教室に通っているような感覚になり、学ぶことがたくさんあります。

普通の料理教室では教えてもらえないような「包丁の持ち方や選び方」「加工食品・化学調味料の危険性」「動物のさばきかた」「料理との向き合い方」「残りものの活用方法」「健康への気遣い方」「料理をする目的」「スープのおいしい作り方」などを読みながら学べます。こういう価値観とかの話しが聞ける料理教室とかコンテンツがもっと普及してったらいいのにな〜。(私が知らんだけであるんやろうけど、もっと一般的に耳に入ってくるようになってほしい)

 

日本のカレールー(箱)の話しが悪い例に挙げられててドキッとした^^;そんなによろしくないものなんだね・・・

 

残り物については、私も冷蔵庫に食材があるにもかかわらずスーパーの特売日(週2回)にまとめ買いして余らせることが多かったけど、冷蔵庫に食材があるうちは買わないよう本読んでから気をつけてます。(しっかりと計画たてて捨てなかったらお得なんだけどね〜。)お肉だって、生き物をいただいてるから無駄にしたくないよね。。

 

ちょいちょいジュリアチャイルドの話しが出てくるので、映画「ジュリーアンドジュリア」見ておくと理解が深まるかなと思います。(別に見なくても理解はできるけど)
ジュリアチャイルドのエピソード読んでたら、平野レミに似てるな〜と思う。
→じゃがいもひっくり返すときにガス台にぶちまけて、「落ちたら拾えばいいわ。それにねひとりでキッチンにいるんだから誰も見てないでしょ?」

 

以下気に入ったところをまとめ。

・料理の目的は、作ってあげる人を健康にすること。

 

・丸鶏からはじめれば、とても大切なことが理解できると思う。それは、かつてこの肉は生き物だったということ。それを知ることで、ほとんどの人が食材としての肉を無駄にできなくなると思うから。

 

・ジュリアチャイルドはね、32歳になるまで料理を習うことはなかったんですって。それまで、彼女ったら食べるだけだったのよ。だから、おそすぎるなんてことはないと思うんだ

 

・料理を知らなくたって生きていける。でも年をとって、健康に暮らすには料理の技術は必要だってわかった。自分が食べるものは管理できるようになりたい、いまって食べ物に何が入っているのかわからない時代でしょ。

 

・食生活でプロテインを増やせば、炭水化物とスウィーツへの強い欲望は消え失せます。

 

・生きていくうえで学ぶべき最も大事なことは自分自身にそして自分の周りにいる人間を養う方法、栄養を与える方法なんだよ。

 

・スープは残り物を最大限に利用できる料理だ。玉ねぎ半分を茶色くなるまでキャラメライズする。それから残り物の野菜を加えて水とストックを入れる。煮込めば煮込むほど美味しくなるから、最低でも一時間は煮込む。

 

・ゴールは自分自身&そばにいる人達がちゃんとした食品を食べること。

 

・バジルの苗は絶対におすすめよ。いつも買うハーブはキッチンの窓際で育てて、必要なときにさっと使えばいい

 

・箱のパンケーキ粉をかわなくてもシンプルな材料で手作りできる。しかも美味しい。

 

・体調を崩している誰かに手作りのチキンスープを持っていくことはただの食事を運ぶという意味以上にその人のことを思っていると、全身で表現できる行為なのだ。缶入りスープでは伝わらないことがあるのだ。

 

・日本人は全員あのルー(箱)を使ってるのよ!あのルーに何が入ってるか知ってんの?箱の中のものは本物の食品の真似だということがわかった。

 

・塩辛いおやつを食べて出る中毒症状はドラッグと同じような反応を引き起こしている。冷凍ラザーニャひときれにスプーン3杯もの砂糖が必要だろうか?・・NO。でも製造会社があなたにもっとラザーニャを購入してもらうためだったら、必要なのだ。(脳内のドーパミン中毒をうまく操作されている)

 

 

心をカラダがやすまる暮らし図鑑 / 川上ユキ

心をカラダがやすまる暮らし図鑑 / 川上ユキ

IMG_7209.JPG

 

昔から、家時間の本を読んで理想の暮らしを思い描いてうっとりするのが好きやねんけど、久々にその感覚を思い出した本。

毎日の些細な時間を大切にする気持ちを持って暮らしたい〜♡

 

おうち時間の過ごし方アイデア。イラストも可愛いので読むだけで癒される。

IMG_7211.JPG

 

IMG_7212.JPG

 

IMG_7213.JPG

 

おまけ。

IMG_7218.JPG

 

 

とよ

ずーっと行ってみたかった京橋の居酒屋「とよ」に行きました。

 

TVに出たり、口コミでも有名でいつも大人気。右側がお客さん待ちの列!

IMG_7949.JPG

炎天下の中一時間立って待つのは結構辛いよ〜。日傘持ってる人が多かった。

 

この左側が食べるところ。立ち飲みで相席でごちゃごちゃ。

IMG_7947.JPG

 

お昼は14時オープンやけど、それに合わせていくともしオープンと同時に席つけなかった場合に全員入店したてのお客さんを前に、進まない列のなか待つことになるから結構きつそう。14時45分くらいに行って、最初のお客さんが帰り出すところを狙うと良さそうでした。50分くらい待って、ようやく席につけました。(といっても立ってるけど)

 

憧れの3種盛り!

このウニの色合いがなんとも!中トロもウニもとろとろ〜♡

いくらのお味はまぁ普通。(市場のような味でなく、瓶詰めイクラの味に似てる)

 

マグロのほほ肉あぶり。

IMG_7946.JPG

 

カニとほたてのポン酢あえ。これもめちゃうま。

IMG_7945.JPG

お酒一杯飲んで一人2800円くらいのお会計。あまりのボリュームでもう半年はいいや〜って思ったけど翌日には「今日も行きたい!」ってなりました笑

 

わたしらしく働く! / 服部みれい

わたしらしく働く! / 服部みれい

IMG_7938.JPG

 

めちゃくちゃ良かったこの本。出版業界のサバイバル術だったわ〜。なんてかっこいいんでしょ!

 

新入り時代〜編集長になるまでのエッセイで、前半はめちゃ過酷で激務。

(私はこんな働き方をしたことないし絶対したくないと思ってたけど、かっこいいなと思った。)

 

仕事行く前にこの本読むと、めっちゃ高まる!頑張るぞ〜〜って。

 

特に雑誌好きな人は、制作のリアルな現場を知ることができて読み応えあると思います。

(この本読んで、コピーとか構成とか見るのがさらに楽しくなった。プロって本当すごい)

 

雑誌作りって憧れる職業やけど、こんなに大変なら見る側でいるのが良いや・・笑

 

内容としては、雑誌の作り方/ 編集の仕事に向いてる人・資質/ 働く中で感じた大きな満足感・達成感/ 全然うまく書けなかったライター時代/ 編集者は体力がいる/ ターゲット層の決め方 /読者とのつながりを大事にしたことなどなど。

 

巻末には「実践編」として行動の起こし方についても書かれています。

 

気に入ったところを一部引用。

 

・「まだないもの」「足りていない部分」「困っていること」にはいつだって(ビジネス)チャンスが潜んでいます
・素晴らしい雑誌というのは、人を育てる力がある
・「やらされる」くらいならその仕事のおもしろい部分を見つけてワクワクしてやりたい。
・「ベストセラーよりロングセラー」が合言葉でした。
・そもそもなぜ自分は働くのか、どういう働き方をしたいのか、どういう働き方をしていると自分はたのしくて幸福なのか。
・なんとおもしろいことが人生には起こるのだろう
・わたしたちは「できるか・できないか」でなく「やるか・やらないか」の世界に住んでいる
・運は重要。運のいい人にあう、運が上がるようなお店にいいく、気のいい場所を訪れる、エネルギーの高いものを食べる、いいことを発言する、良質なものをみる、いつもよく笑う、自分のいる場所をいつも整理整頓し気持ちのよい状態にする、いつもわくわくしている、自分自身を浄化し、高い健康状態を保つ。