【BOOK】英語日記パーフェクト表現辞典

図書館で何度か借りて、凄く便利だったので買った本。

英語日記パーフェクト表現辞典
IMG_8673.JPG

英会話で、最近あったこと・今日の予定・昨日今日何してた?などの会話が結構多いからよく予習するねんけど、そのときにめっちゃ便利!weblioの例文検索も便利やけど、この本は知りたいシチュエーションに関連する色々な例文も学べるので幅広い表現の勉強になります。

他にも日記に使える例文が大量に載っている本があったけど、「それは絶対使わないだろう」っていう例文も多かったりでこれが一番良いと思います。

IMG_8677.JPG

最近はオンライン英会話をしようと思ってたけど、大体授業の頻度は週2or毎日のどちらかで、毎日のほうがかなりお得な料金体系。。毎日なんて続くか不安って悩んでたら、チャット英会話のことを知ってやっぱりそっちにしようかなと、、、。(週1の英会話もあるし。。)





 

【BOOK】フランス人は10着しか服を持たない

紹介したいお気に入りの本が溜まってきたので、たくさん書いていきます!

フランス人は10着しか服を持たない
IMG_8665.JPG

本屋さんでタイトル見てスルーしてたけど、ベストセラーということでチラッと立ち読みしたらライフスタイル面で参考になることがたくさん書かれてあって購入。
 
・部屋をすっきりさせたい・・
・手持ちの物を大事にしたい・・
・すぐに物が増えてしまう・・
・ジムに行かんかったとき後ろめたい気持ちになる・・
・すぐお菓子を食べてしまう・・
・時間の使い方と時間の価値観を見直したい・・
などなど、今抱えてるモヤモヤをすっきり解決してくれる本!

アメリカ人が憧れる、フランス人のシックな生き方について書かれています。(ちなみに、私はアメリカ人のライフスタイルに興味があるので両方の面で楽しめた。)


■特に気に入ったところ(全部読んでこそ自分の中に落としこめるので、ぜひじっくり読んでみてください!)

・大事なのは「何をするか」でなく「どのようにするか」だ。

・いつも一番良いものを使って、毎日を素敵な気分で過ごそう。そうすれば、ありふれた日常が特別になって人生がもっと面白くなるから。

・ことわざ「幸せとは欲しい物を手に入れることではなく、持っている物で満足すること。」

・新し物好きさんへのアドバイス:どうしても買い物がしたくなったら、本を読んだり料理をしたり散歩に行ったりして気を紛らわせよう。ショッピングに行く代わりに美術館へ行ったり本を書いたりしてみる。ショッピングに行く回数を減らすと物欲も減らす事ができる。

・できるだけたくさん旅に出よう。

・ささやかなことに喜びを見出して人生にわくわくすることは、幸せな暮らしを送るための秘訣。

・パリの暮らしで味わったあの日々のささやかな喜びは、世界中どこへ行っても、どんな状況でもきっと見つけられるはず。生活にマンネリ化してきたら、一番効果的なのは五感をフルに生かすということ。すべての出来事は、あなたがどう受け止めるかにかかっている。

バタバタでうんざりするような朝の過ごし方はやめて、まず起きたら着心地の良いカーディガンを羽織って、やわらかな肌触りを楽しむ。家で淹れるコーヒーの香りを楽しもう、濃さもクリームも絶妙に。そんな風に朝を過ごしながらクラシックを聴く。なんて素敵な気持ちの良い1日の始め方だろう −そんな風に過ごしてはいかが?

・良質な食べ物の味を覚えると、不味いものは食べたくなくなるので、間食をやめたい人にも効果的。食材に詳しくなって、できるだけ質のいいものを買い求めよう。
などなど。
何となく毎日を過ごしちゃっていたり、怠け気味になっていたり、もっと毎日素敵に過ごしたいとき、などに背中を押してくれて姿勢を正してくれる本です。おすすめ!




来年の日めくりカレンダー

可愛らしいイラストと共に、良い言葉が描かれてるカレンダー。もちろん365日違う内容!
 
IMG_5158.JPG

 IMG_5162.JPG

IMG_5155.JPG

IMG_5154.JPG
 
IMG_5159.JPG

IMG_5150.JPG

IMG_5147.JPG
 
日付が過ぎた後も、部屋に飾ったりしたい♡

amazon:Today Is Going to Be a Great Day! 2015 Calendar


おまけ。asokoで買ったキャンドルグッズとライト。
写真 2014-08-21 1 18 20.jpg

 

POPEYE / KINFOLK

最近買った雑誌2冊を紹介。

POPEYE

人生はもっと楽しくなる、と感じた一冊。
まだまだ知れていない世界があるし、今の世界も変えられるかもしれないという希望。

コーヒー飲みながら休日に読み込みたいな〜♪
もはや旅雑誌で、シティボーイの存在感薄いけどね!笑


kinfolk

夏号。読み終わった後、心に余白ができて清々しいにさせてくれる!
無駄なものを抱えすぎてる自分に反省・・・。


ブログの更新があまりできてないので、おすすめ記事を紹介。

・朝食で朝からハッピーに。Riccoさんの笑顔が溢れる朝ごはん。
http://www.karada100.com/p061/
>>目標掲げてるの素敵!私も真似したいな。

・仕事と家庭の両立なんて、目指すのやめたらどう?
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20140611
>>い、言われてみれば・・・。色んな考え方があるよね。

・パリジェンヌの夢のような職場:「My Little Paris」
http://www.vogue.co.jp/blog/amilus/archives/316
>>こんなオフィス素敵すぎる!

・奇跡の再会。3年前になくしたぬいぐるみが帰ってきた!号泣する男の子
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52100049.html
>>これはあかんやつ!

・ショップスタッフの現場
http://recruit.jun.co.jp/staff/shop06.html
>>思わず応募ボタン押してしまいそうな良いコンテンツ笑

・素敵な料理ブログ
 http://lard.blog87.fc2.com/

・朝型生活のはじめかた・楽しみ方♪
http://www.asajikan.jp/special/070911a/

・科学が証明したすぐ幸せになれる16の方法
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/22/boost-happiness_n_4642225.html

・うさぎまんじゅうのレシピ
http://cookpad.com/recipe/1765988

・パンケーキカップケーキ
http://themoonblushbaker.blogspot.com.au/2013/04/selective-everything-maple-pecan.html

 

暮らし上手のパンとコーヒー

最近買った本「暮らし上手のパンとコーヒー

写真 2014-05-06 13 35 09.jpg

本屋さんで5回くらい買うのやめて、その後も迷いに迷ってやっと購入(笑)
暮らし上手シリーズは、他のも読んだけどこの号は凄いツボ。やっぱり買ってよかった!

写真 2014-05-06 13 22 52.jpg 写真 2014-05-06 13 22 43.jpg写真 2014-05-06 13 22 08.jpg 写真 2014-05-06 13 21 35.jpg写真 2014-05-06 13 21 20.jpg

コーディネートが可愛くて、朝ごはんや休日の食事が楽しくなる一冊です。
パンとコーヒーって幸せ♡

パンは、糖尿病にあんまよくないからホームベーカリーで体に良いパンを作りたいと思ってる。
でも普通のパンより、それなりにコストかかるみたい・・・(;;)迷うな〜。


 

知覧からの手紙/ホタル帰る

永遠の0読んでから、戦争の本をちょいちょい読んでいってます。
何から手をつけたらいいかわからないから、amazonレビューの高い特攻関連の本を。

この2冊。


知覧からの手紙」は、特攻の恋人とのお話。
ホタル帰る」は、特攻のお世話をしていた食堂の小母ちゃんのお話。

どちらも内容は全然違うけど、人の温かさと戦争の悲しさがいっぱいで当時の様子や人々の心情がはっきり伝わってくる。伝え方が素晴らしくて、本当に読んでよかった。

短歌で気持ちを伝えたり日記に残したり、遠く離れてなかなか戻って来れない恋人のために地元の押し花を送ったり。

特攻は国に無理やり行かされたようなイメージあったけど、当時の風潮で自主的に行った人も多かってんな。今生き残ってる特攻の人も、家族や国の未来のために散ろうという心持ちであったということをおっしゃってた。(こんな短歌も:南海にたとえこの身ハ果つるとも いくとせ後の 春を想えば)今の時代じゃ考えられへんなぁ。

短歌にも興味津々、今後短歌の本を読んでみよう。

本からの引用。

(特攻隊員の恋人が)日記に残している風景は穏やかなものばかりでした。殺伐とした戦場にいるとは思えないほど美しい句。

・梅が香に 小径たどれば 海開く
・梅日和 望洋として 瀬戸の海

爆撃を受けながらも、死にゆく訓練を続けなければならないでしたが、それでも目は自然の美しさに向けられていました。
 


特攻隊員の日記

『こんな短かった生涯の上に過去があり、現在がある。人間の都合とか便利とかで永遠なるものを切り断ってはなるまいに。』

『整備の下士官が竹を切って横笛を作っている。火箸を焼いてはひとつひとつ穴をつけてゆく。間もなくできあがるときを頭に描いてか、時々嬉しそうに口元をほころばせる。ひとつ穴を開けては火箸を火の中に突っ込み、赤く焼けるのを待つ間、吹鳴するときのように、指をあて、くちびるをあててみたりするほほえましい様子に、傍からのぞき込みながら。かつて智恵子が「歌を詠みながら戦いをする日本人は何と幸福なことでしょう」と書き送ってあったことをふっと思い出した。陣中にある将兵が歌を詠み、あるいは楽の音を楽しむ静かな半面をもつ人間は、確かに人間として豊かな人であるに違いない。』



あとがきで、さらっと書いてあった言葉が重かった。

「よく現実から逃げたくて、あっちの道を行っていたら、あの人を選んでいたらと言う人がいるけど、それは違う。もし、そうひ人が過去に戻って他の道を進んだら、確かに自分の身に起きることや相手に影響されることが違ってくるでしょう。でも、結局、前と同じような苦労や幸せを感じるはずです。前を見て暮らす人、後ろを振り返り振り返り過ごす人、どの道を行っても心持ちは同じ。自分の人生を決めるのは、自分の心だけだとわかりました。生き方を選ぶ権利は、どこからか与えられたもののようで、実は自分自身にある。あの時代を繰り返すことがあってはならないですが、生きる時代が良かろうと悪かろうと、個人個人の生き方に意味があるんですよ」