イニシエーションラブ

図書館で予約してたイニシエーションラブがようやく順番回ってきたので、読みました。(数ヶ月待った・・・)

写真 2015-02-22 16 46 17.jpg

噂どおり、凄かった・・!!っていうか、読みおわったあと理解できなくてネットの解説見てよやく理解できた^^;
最初、ミステリーって聞いてたから、主人公の女の子は幽霊なのだろうか・・とか完全に間違ったこと思ってた笑
1日くらいで読めてしまう内容なので、ぜひ。ネタバレは読まないように気をつけてーー。
(ちょうどこれ読んでるときに彼氏としょうもない言い合いして「今日はもう話さんぞ!」と思ってたのに、読み終えたときあまりの衝撃に興奮してつい話しかけてしまったわ。。。)


一個、ネタバレと全然関係ないところでグッときたところを紹介。

初めてできた彼女をとても大切にしていたのに、あることをきっかけにギクシャクしている男性がいて、
その男性に想いを寄せている別の女性の語りが凄い交渉力・・。
-------------------------------------------------
男性「今はお互い辛い状況になっているが、だからこそその壁を乗り越えていかなくてはならないと思う。
辛いから別れようなどと考えるのは安直で、考えたくもない。」

女性「考えを変えるってことがすべて悪いことだ、っていうのは言えないと思う。
だってもし最初に考えていたことが間違っていた場合にはそれを貫き通すのって
まわりの人にとっても迷惑になるだけじゃない。もし途中で間違ってたって気づいた時は
考えを変えることのほうが結果的に正しいことだってある。

大学時代に初めて恋愛して付き合ってた人のこと、別れた後もきっと彼以上に好きになる相手なんて
この先一生現れないって思ってた。でもそれは幼かった私の無知なる思い込みでしかなかったっていうのが
今になってみればわかって。

人間って成長するものだし、そのときに過去の自分を否定することだってあると思うし、それは
許されることだとお思う。自分の言葉に責任を持てるようになるのって本当は何歳なんだろう?
私たちはまだまだ成長するのに、考えを変えないようにするのって成長を無理やり止めようと
することと同じだと思う。一番好きな相手も変わるかもしれないし、今はまだ私たち変わってもいい年齢だと思う。」

こんなこと言われたら、ホロッと気持ち傾いてしまうわなー!

 

【BOOK】屋根ひとつ お茶一杯

屋根ひとつ お茶一杯
IMG_8653.JPG

心地よい暮らしを送るのに、広い家は必要ないというお話。

"家が狭い。広い家に住みたい。と不満を述べる人は世の中にたくさんいます。現代社会は、成功者が住むような豪邸をいかにも幸せの代名詞であるかのように評しますが、私たちはそれよりもずっと狭い空間であっても同じくらい幸せに、より自由に過ごせる事に気付いていません"

著者「ドミニック・ローホー」は日本文化も学んでいるので共感しやすい内容でした。
("日本人は家に広さを求めていない、世界でも珍しい美意識を持っている"(もちろん人それぞれですが)ということ前提として。)
 
オスカーワイルドや本田(サッカー)の名言を交えつつ、色々な考え方、生き方が紹介されています。極端すぎる面もあるけど、私もやっぱり広い家が良しと思っていたから新しい視点が参考になった。よくよく考えれば、恋人と住んでプラスアルファ猫と本と音楽があればこの上ない幸せやもんなあ。


以下、気に入ったところ。

・ローンや掃除、光熱費に頭を悩ませるなら、その分狭い家に住んで教養を高めたり、好奇心を満たしたり、自分を豊かにすることに時間を費やせる。

・京都では、何十年も昔の小さな住まいにそのまま住み、鴨川沿いを散歩したり、季節の和菓子を買い求めるために自転車を走らせたり、お茶を楽しんだり、というような贅沢な時間の過ごし方もよく心得ています。いたるところにある神社仏閣を散策し、風を感じ、空の色を眺め、道端の草花を摘み取って家の洗面所に飾る、というような小さな楽しみが見つかります。

・そもそも人間は本来狭いところを居心地よいとする生き物なので、エネルギーの充満も早くなる。

・価値観に流され、虚勢をはっていた自分に気付き、シンプルな生活を送ることで、視界が澄みわたる。

・次世代の若者たちはもしかすると、「芝生とプール付」ではなく、小さな家に家庭菜園、そこで収穫した良質な食材を夕食のお皿に乗せること、そして借金や悩みから解放されて生きることを願うのかもしれません。

・「日常のとるに足らないものごとの中に美を見出し、空間は贅沢とわきまえながら、日本建築が示すのはシンプリシティと謙虚さなのです」

・「日々移ろいゆく人生の中で、変わることのない永遠を眺めているようなものだからと。」

 


【BOOK】脳の強化書

脳の強化書
IMG_8674.JPG
著者は14歳の頃に「筋肉を鍛えるように、脳もトレーニングすることが可能だろうか?」と疑問を持ち医学部へ進んだんだそう。そして、一万人近い脳を分析した結果、「チャンスを与えれば脳はいつまでも成長し続ける」という事実がわかったそう。

脳トレって聞くと、ゲームとか老化防止のイメージがあったけど、この本はなりたい自分を手に入れるための「脳トレ」方法が紹介されてます。ワクワクするようなチャレンジも多いので、興味がてら読んでみると楽しいと思います!

例えば、
・休日の行動計画を他人に決めてもらう
・選択肢を3つ考えながら話をする
・大好きなものを10日間絶つ
・植物に話しかけてみる
・寝る前に必ず3つのことを記録する
・創作料理を作ってみる
・自然の音に注意を払う
・自分の顔をデッサンする
・ガイドブックを持たずに旅行へ行く
・あいづちのバリエーションを増やす
・ゲームでわざと負ける

などなど。
66個のトレーニングが紹介されてて、中には「これは無理だな〜」ってのもあるので、できることからやってみたら良いと思います。ゆう★



 

【BOOK】メイソンジャー

メイソンジャーの活用アイデア本。

メイソンジャーを楽しむ100のアイディア
IMG_8661.JPG

料理レシピがメインやけど、インテリアとか商品紹介とかこれ一冊でジャーのことは網羅できそう。
何より800円ってのが嬉しい!内容モリモリでデザインも可愛い〜♡

IMG_8685.JPG

カラフルなドリンク。
IMG_8686.JPG

メイソンジャーは耐熱性なので、私は紅茶+ミントを入れてます。マグカップやタンブラーやと中身あんまり見えへんけど、メイソンジャーなら紅茶の色合いとミントのコラボレーションが楽しめる(笑)量もたっぷり入るし持ち運びもできるしね。なんて便利なんだ!!

インテリアはテラリウムにしたり。
IMG_8688.JPG

色々な人の活用法。サラダはあまり美味しくなそうかな、、お皿に移すならいいけど。
IMG_8687.JPG






【BOOK】3時のわたし

結構前に出版されたこの本、本屋で再会したらやっぱり手元に置いておきたくなって購入。

三時のわたし / 浅生 ハルミン
IMG_8654.JPG

「毎日3時に何してた?」の日記、365日。

可愛らしいイラストと素朴な日記、和む〜♪
猫の登場も多いので、猫好きにも♡

IMG_8675.JPG

IMG_8676.JPG


↓ブックレビュー書くとき、ただの画像じゃ楽しくないから加工してみたけど、わかりにくいからボツ×
IMG_8659.JPG


 

【BOOK】365日

料理家、渡辺 有子さんのフォトエッセイ。

365日
IMG_8664.JPG

著者の事は全く知らなかったけど、本を立ち読みして一目惚れ!なんて素敵な日記なんだろう・・・。こんな風に日記を書けていけたらいいなって思う。外で読んでたら、思わず「今すぐ家に帰って掃除して、こんな綺麗な暮らし方をしたい!」と奮い立ちました笑

IMG_8680.JPG

IMG_8679.JPG

IMG_8678.JPG




【BOOK】うんころもちの名言集

最近はまり中の"うんころもち"の本。

そっとね / えちがわのりゆき
IMG_8672.JPG

優しくて可愛いイラストに癒される♡♡

LINEスタンプも購入!(審査にひっかかるからか、ホイップくんっていう名前です。)





本の中身をチラリ。
IMG_8681.JPG
左端の小さい子は、猫のゲロから生まれた"毛玉ちゃん"。(世界観めちゃくちゃや!そこが良いけど笑)

IMG_8682.JPG

楽しいことも悲しいことも。

IMG_8683.JPG

著者のtwitterアカウントもおすすめです。

 


【BOOK】英語日記パーフェクト表現辞典

図書館で何度か借りて、凄く便利だったので買った本。

英語日記パーフェクト表現辞典
IMG_8673.JPG

英会話で、最近あったこと・今日の予定・昨日今日何してた?などの会話が結構多いからよく予習するねんけど、そのときにめっちゃ便利!weblioの例文検索も便利やけど、この本は知りたいシチュエーションに関連する色々な例文も学べるので幅広い表現の勉強になります。

他にも日記に使える例文が大量に載っている本があったけど、「それは絶対使わないだろう」っていう例文も多かったりでこれが一番良いと思います。

IMG_8677.JPG

最近はオンライン英会話をしようと思ってたけど、大体授業の頻度は週2or毎日のどちらかで、毎日のほうがかなりお得な料金体系。。毎日なんて続くか不安って悩んでたら、チャット英会話のことを知ってやっぱりそっちにしようかなと、、、。(週1の英会話もあるし。。)





 

【BOOK】フランス人は10着しか服を持たない

紹介したいお気に入りの本が溜まってきたので、たくさん書いていきます!

フランス人は10着しか服を持たない
IMG_8665.JPG

本屋さんでタイトル見てスルーしてたけど、ベストセラーということでチラッと立ち読みしたらライフスタイル面で参考になることがたくさん書かれてあって購入。
 
・部屋をすっきりさせたい・・
・手持ちの物を大事にしたい・・
・すぐに物が増えてしまう・・
・ジムに行かんかったとき後ろめたい気持ちになる・・
・すぐお菓子を食べてしまう・・
・時間の使い方と時間の価値観を見直したい・・
などなど、今抱えてるモヤモヤをすっきり解決してくれる本!

アメリカ人が憧れる、フランス人のシックな生き方について書かれています。(ちなみに、私はアメリカ人のライフスタイルに興味があるので両方の面で楽しめた。)


■特に気に入ったところ(全部読んでこそ自分の中に落としこめるので、ぜひじっくり読んでみてください!)

・大事なのは「何をするか」でなく「どのようにするか」だ。

・いつも一番良いものを使って、毎日を素敵な気分で過ごそう。そうすれば、ありふれた日常が特別になって人生がもっと面白くなるから。

・ことわざ「幸せとは欲しい物を手に入れることではなく、持っている物で満足すること。」

・新し物好きさんへのアドバイス:どうしても買い物がしたくなったら、本を読んだり料理をしたり散歩に行ったりして気を紛らわせよう。ショッピングに行く代わりに美術館へ行ったり本を書いたりしてみる。ショッピングに行く回数を減らすと物欲も減らす事ができる。

・できるだけたくさん旅に出よう。

・ささやかなことに喜びを見出して人生にわくわくすることは、幸せな暮らしを送るための秘訣。

・パリの暮らしで味わったあの日々のささやかな喜びは、世界中どこへ行っても、どんな状況でもきっと見つけられるはず。生活にマンネリ化してきたら、一番効果的なのは五感をフルに生かすということ。すべての出来事は、あなたがどう受け止めるかにかかっている。

バタバタでうんざりするような朝の過ごし方はやめて、まず起きたら着心地の良いカーディガンを羽織って、やわらかな肌触りを楽しむ。家で淹れるコーヒーの香りを楽しもう、濃さもクリームも絶妙に。そんな風に朝を過ごしながらクラシックを聴く。なんて素敵な気持ちの良い1日の始め方だろう −そんな風に過ごしてはいかが?

・良質な食べ物の味を覚えると、不味いものは食べたくなくなるので、間食をやめたい人にも効果的。食材に詳しくなって、できるだけ質のいいものを買い求めよう。
などなど。
何となく毎日を過ごしちゃっていたり、怠け気味になっていたり、もっと毎日素敵に過ごしたいとき、などに背中を押してくれて姿勢を正してくれる本です。おすすめ!




来年の日めくりカレンダー

可愛らしいイラストと共に、良い言葉が描かれてるカレンダー。もちろん365日違う内容!
 
IMG_5158.JPG

 IMG_5162.JPG

IMG_5155.JPG

IMG_5154.JPG
 
IMG_5159.JPG

IMG_5150.JPG

IMG_5147.JPG
 
日付が過ぎた後も、部屋に飾ったりしたい♡

amazon:Today Is Going to Be a Great Day! 2015 Calendar


おまけ。asokoで買ったキャンドルグッズとライト。
写真 2014-08-21 1 18 20.jpg